警備員の面接に落ちた理由と改善策!避けるべき4つの落とし穴と対策

警備員の面接に落ちた理由と改善策!避けるべき4つの落とし穴と対策 警備員になる前に

「警備員の面接に落ちるなんて!」と落胆されるかもしれませんが、そのほとんどのケースが警備会社選びに原因があります。

この記事では、警備員の面接に落ちたという経験をした方々に向けて、その理由と改善策を探ります。

警備員の面接で一般的に見落とされがちな4つの落とし穴を紹介し、次回の面接でこれらを避け、成功に導く対策を提案します。

✅警備員の面接で一般的に見落とされる主な理由。
✅面接に落ちた場合の具体的な改善策。
✅面接成功のために避けるべき落とし穴。
✅再挑戦時に心がけるべき具体的な対策と準備方法

警備員の面接に落ちた理由と対策

警備員になるための条件
警備員に採用されない主な理由
面接で落ちた場合の対応策
面接に落ちた理由が分からない場合

警備員になるための条件

警備員になるためには警備業法という法律で明確に定められています。

いくら採用の緩い警備会社でも法律に背くことはできません。

そもそも、警備員になれる条件が満たされていないなら、何度面接しても採用されることは無いので、条件は事前に確認しておきましょう。

法律で厳しく決められている条件ですが、条件の内容はそれほど厳しいものではありません。

以下の記事を参考にしてください。

警備員になるための採用条件とは
立って歩ければ2号警備の求人に落ちることはないと言ってきましたが、一応採用するための条件はあります。しかも「警備業法」という法律で定められているため、いくら人手不足だったとしても警備会社はこれに背くことはできません。 警備業法が定める警備員...

警備員に採用されない主な理由

警備員に採用されない主な理由

条件を満たした上で面接に落ちる主な理由をまとめました。

ただし、以下の理由は警備会社によっては何の問題にもならない場合もありますので、別の警備会社を受け直せば採用される可能性は高いでしょう。

  • 態度の問題:当たり前ですが、面接官は応募者の態度を重視します。礼儀正しく、積極的な態度が求められます。
  • 勤務可能日数:週に3日以上働けない、土日祝日しか働けない場合は不利になる場合があります。
  • 年齢や健康状態:警備員の仕事は体力を要する仕事内容もあるため、健康状態は重要です。
  • 過去5年間の経歴証明:警備員は過去5年間の経歴を証明できなければなりません。どんな仕事をしていようと、引き籠りだろうと、それを証明してくれる人が必要です。

面接で落ちた場合の対応策

それでは、警備員の面接で落ちる理由に対する対応策をご紹介します。

大半は別の警備会社に応募すれば解決できる理由ですが、自信にどんな問題があるのかを把握しておきましょう。

態度の問題

警備員の面接は、比較的フランクに行われることが多いので、堅苦しく身構える必要は全くありません。

しかし、いくら人不足の警備員とはいえ、明らかに会社にマイナスとなる人間は雇えません。

常識の範囲内で面接官に失礼の無い程度で面接に臨みましょう。

注意したいのが、警備会社によってはクライアントに対するコミュニケーション能力をかなり重視するケースもあることです。

これは、施設警備(1号警備)によく見られる傾向です。

コミュニケーション能力に自信が無い場合は、施設警備を主に取り扱っている警備会社は避ける方が賢明です。

2号警備を多く取り扱っている警備会社であれば、多少面接時の態度に自信が無くても採用される可能性は高まります。

勤務可能日数

警備会社によっては、「週3日以上は働いて欲しい」と言われる場合があります。

しかしこれは完全に警備会社によるものなので、週1~2日でも喜んで採用してくれる警備会社はいくらでもあります。

また、週1~2日でも、それが土、日曜日の出勤であれば、土日は人手不足の警備会社が多いので更に喜ばれます。

年齢や健康状態

立ってるだけの仕事が多い警備員ですが、体力が必要となる仕事もあります。

例えば、2号警備でも高速道路などの警備員は走り回る体力が求められたりします。

体力に自信が無い場合は、こういった専門性の高い警備会社を避けて、別の警備会社をあたれば問題ありません。

過去5年間の経歴証明

過去5年間の経歴証明

警備会社は採用時に過去5年間の在籍を確認しなければなりません。

これは、警備業法で警備会社に対して定められた事なので、必ず行われると考えておいた方が良いでしょう。

在籍を確認すると言っても、過去の経歴によって判断されるという事ではありません。

別に過去5年間ずっと家に引き籠っていたとしても関係ありません。

過去5年間ずっと家に引き籠っていたことを証明してくれる人がいれば問題ないのです。

証明してくれる人は、親兄弟はもちろん、友人知人でも連絡さえ取れれば大丈夫です。

実際に連絡して確認をとるかどうかは警備会社次第ですが(本当は必ず確認しなければなりません)、証明してくれる人の連絡先だけは確保しておきましょう。

面接に落ちた理由が分からない場合

面接に落ちた理由が分からない場合

上記理由に対して身に覚えが無いのに面接で落ちた場合には、たまたまその警備会社の条件に合わなかっただけなので、別の警備会社に応募しましょう。

一番良いのは、応募する時に電話やメールで問い合わせると思いますので、その時に上記面接に落ちる理由の項目を事前に確認しておくことです。

警備会社としても面接の手間や時間が節約できるので、大変助かります。

可能であれば、以下の面接時のチェック項目も、譲れない項目がある場合には面接前に確認しておくことをお勧めします。

面接時チェック項目
警備員(ガードマン)の面接時に確認する項目をまとめ直しました。 たくさんありますが、ほとんどは質問する前に向こうから説明してくれます。 洩れがないようにだけ気をつけましょう。 質問事項 バイクまたは自転車通勤 バイクや自転車での通勤を考えて...

警備員の面接に落ちた理由と対策まとめ

基本的に警備員の採用ハードルは低いので、1社や2社断られたとしても気にせず次を探しましょう。

大手の警備会社は条件が厳しい場合もありますので、警備員数100~200人程度の小規模警備会社を狙うのもお勧めです。

✅警備員の面接はフランクな雰囲気が多いが、態度には注意が必要
✅警備会社によってはコミュニケーション能力を重視することも
✅週3日以上の勤務が求められることもあるが、警備会社により異なる
✅週1~2日の勤務でも、特に土日出勤が可能であれば歓迎されることが多い
✅警備員の仕事には体力が必要だが、警備会社によって要求される体力に差がある
✅警備業法により、過去5年間の在籍確認が行われる
✅面接落ちの理由が分からない場合は、他の警備会社への応募が有効
✅応募前の事前確認で、面接落ちの理由を把握しておくと良い
✅警備員採用のハードルは比較的低いため、断られても他を探すべき
✅大手よりも中小の警備会社の方が条件が緩いことが多い