暇すぎる警備員の対処法

すでに警備員
スポンサーリンク

暇すぎる警備員の対処法

警備員は基本的に暇な仕事です。
建築現場などは現場への車両の出し入れ時以外の時間は大してやる事もありません。
こんな時の暇つぶしとして救世主となるのがお年寄りの方々です。

お年寄りの方に挨拶するとかなりの確率で挨拶が返ってきます。
その内の何割かは「大変ね」とか「暑いね」とかの追撃があります。
そしてその内の何割かはおもむろに立ち止まって話し始めるのです。

私は決してコミュ力が高い訳でもない上に人見知りでもあります。
そんな私でも話し相手にしてしまうお年寄りは凄いと思います。

初めの頃は私も道端で知らない人と世間話をするなどという発想は全くできませんでした。
でもこれが慣れてくると暇を潰すのに非常に助かる存在となるのです。

もし警備員同士や作業員とゲートの前で話し込んでいたら間違いなく監督に怒られてしまうでしょう。
しかし相手が地域住民であれば話は別です。

建築現場では工期が長期に渡るため、必ず周辺住民との揉め事があります。監督からすると周辺住民と仲良くしてくれる警備員はありがたい存在となるのです。

結論

お年寄りは大切にしましょう。